カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

在庫一掃セール 

ミツワ・マスケットインク

マスケットインク
緑の森の中の一本の白樺の木。その白い木肌を除いた森を塗りたいとき、流れに任せて一気に塗りたいときがあります。しかし白樺の白い木肌部分はきれいに塗り残したい。繊細な部分なので汚したくありません。青い空の雲。水もに浮かぶ小舟。雪のかぶった屋根。こういう場合がいろいろあります。こういうときに便利なのがマスケットインクです。白く塗り残したい部分に塗る。乾いたら色を塗る。固まったインクを剥がす。特別むずかしくはありません。水彩画の場合、白は塗り残しを利用すると大変美しく描けます。

ミツワ・マスケットインク

価格:

408円 (税込)

購入数:

在庫

3個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ミツワ・マスケットインク(白ヌキインキ)
製法特許496906

マスケットは、デザイン、イラスト、レタリングを白ヌキしたり、マスキングをするのに便利なインキです。普通のインキ同様、筆やペン、鳥口につけてそのまま描くことができます。

容量:45ml
剥がすためのラバークリーナーが少しだけ付きます。左画像の白い細長いテープのようなものがそれです。

サイズ:Φ5×h4.8cm

マスケットインク 使用方法
1.イラストやレタリングの白ヌキ(マスク)したい部分に、マスケットを筆やペンにつけてそのまま描きます。
2.マスケットが乾いたら、上から好みの色(ポスターカラー・カラーインキ等)を塗ります。
3.色が完全に乾いたら、マスケットをミツワ・ラバークリーナーで軽くこする様にして取り除きます。
4.好みの色の上に、イラストやレタリングが白ヌキされて浮き出てきます。他の地色をマスクしたり、ヌク時も、同じ要領でできます。  
注意:筆を使用する場合は、あらかじめ石ケン水につけておき、使用後は直ちに石鹸水で洗浄するようにして下さい。使用する際、筆の水分をふき取って下さい。
筆洗いの液も販売されていますが、石鹸水で十分です。使い終わったらきれいに洗ってください。
筆は傷みやすいですので、良い筆は使わないでください。色を塗るふでと分けて使うことが大事です。

長期間保存しますと、固まって使用できなくなります。
他注意事項は説明書参照。


マスケットインクを実際使ってみる
       
1.下書きをします。 2.白く塗り残した部分に
マスケットインクを塗ります。
3.マスケットインクを塗りおえましたら、乾くまで待ってください。
     
4.塗り残したい部分は
気にせず上から
色を塗ります。
5.乾いたらラバークリーナーで
上から押さえそして
引き上げるようにして
固まったインクを取ります。
6.最後に白く塗り残した部分に
書き込みを入れます。
(ピグマペンを使用)


<関連商品>
▼ラバークリーナー
乾いたマスケットインクをはがすのに使います。マスケットインクとあわせて用意したい製品です。



 個人情報の取り扱いについて |  特定商取引法に関する表示
「いろえんぴつ」の姉妹店 こだわりやさん.com/キッチン用品 生活用品 南部鉄器専門店 こだわりやさん.com/キッチン用品 生活用品 南部鉄器専門店
Copyright(C)WakoSteel All Rights Reserved

ページトップへ